カテゴリー

ビクターロック祭り2019@幕張メッセ9~11ホール 20190316

先日幕張メッセで開催された「ビクターロック祭り2019」に参加してきました。
こちらは音楽レーベル会社ビクターが主催し、ビクター所属のアーティストがライブをする音楽フェスです。

ビクターロック祭りは今年を含め2014年から計6回開催されており、入院していた2017年を除き毎年参加しているフェスです。
会場は非常にコンパクトな作りになっていて2つあるステージ間の移動も楽、スペースも広めに出来ておりタイムテーブルも被りなし。
グッズ販売や飲食テントなどもそれほど並ばずに購入出来る、そして自分的には身障者駐車場も多目的トイレもある安心して行ける幕張メッセので開催。
このような要素も含めとても居心地の良いフェスとなっているので毎年参加している理由です。もちろんアーティストは誰が出ても楽しいですしね。

いつものようにチケットを購入&発券後に主催者問い合わせ先に車椅子での参加を事前連絡。後は当日会場に行くだけです。

開場は9時、開演は10時30分だったので開演時間に間に合うように出発したのですが、途中若干の渋滞に巻き込まれて幕張メッセの駐車場に着いたのが
開演時間の10時30分。もう少し余裕のある時間帯で出発すれば良かったと反省。

ビクターロック祭り2019 1

この日は珍しく身障者駐車スペースに沢山の車が停まっていて(許可無く停める事は出来ない)「これは幕張メッセで人気のイベントがあるな」と
思って幕張メッセ内に向かった所、幕張メッセメイン会場では「第19回JAPANドラッグストアショー」が開催されておりました。
以前もこのドラッグストアショーが開催されている時に他のライブで幕張に来た事があたのですが、毎回凄く人気の催し物です。沢山の方が来場されていました。
会場を後にする方は皆ドラッグストアショーの手提げ紙袋を持っていて、ノベルティグッズやら試供品やらを沢山貰えるみたいです。今度行ってみたいなと密かに思っております…
ビクターロック祭り2019 2
幕張メッセの9~11ホール、2階コンコース上に入り口があります。

ビクターロック祭りが開催されている9~11ホールに到着し、メインゲートでチケットをリストバンドと交換。そこでスタッフの方に声を掛け、事前に車椅子での
参加を登録している事を伝え、確認して頂き、エレベーターまで案内して頂きました。会場に到着した時にはROAR STAGEで「DJやついいちろう」が出ていました。
BARK STAGEのオープニングアクト「むぎ猫」も見逃してしまった….残念。

ビクターロック祭り2019 3
タイムテーブルとフロア、ステージ場所などのマップ。こちらで飲食テントのある場所なども確認!

ビクターロック祭り2019 4
会場に到着すると、ビクターのシンボル「ニッパーくん」がどーんとお出迎え。

ビクターロック祭り2019 5
アーティストグッズなどを販売している物販ブース。こちらもそれほど混雑していなくてとても買いやすい!

ビクターロック祭り2019 6
ビクターのグッズや協賛しているブースなども並んでいて、そうゆうところも見ていくと楽しいです。

ビクターロック祭り2019 7
こんな感じで大きなモニターも設置してあるので、食事をしながらでも今現在行われているどちらかのステージのライブを見る事ができます。(音は流れませんが)

気を取り直して、次はBARK STAGEで「gogo vanillas」。昨年交通事故に遭い現在療養中のベース「長谷川プリティ敬祐」に代わり、この日は夜の本気ダンスの
「マイケル」がサポートとして演奏していました。年末のカウントダウンジャパンの時もマイケルだったので、気の知れた仲なのでしょうね!
バニラズのライブはほぼ初見に近かったのですが、こんなに激しいライブだと思いませんでした。途中ドラムの「ジェットセイヤ」はシンバルを片手で持ち上げて
それを他のシンバルに叩きつけ、挙句の果てには後ろに投げ飛ばすという!メンバーが一人不慮な事故で療養をしなくてはいけなくなり、その居ない間は俺たちで乗り切るんだ!
という気持ちの入ったカッコいいライブでした。

次にROAR STAGEで「四星球」。今回はビクターロック祭りをビクターコック祭りに間違えて登場してきてしまうというネタ(笑)相変わらずダンボールで作った
小道具達の素晴らしさ!(笑)もちろんシンガーの北島康雄は客席に飛び込み、しかもガタイのイイお客さんに肩車をしてもらいそのまま客席を練り歩くという
今までみほんと見たことの無い凄い光景を見せてくれました!ほんと四星球は最高です!!

続いてBARK STAGEにて「キュウソネコカミ」の登場。最初セイヤがあまり気合入ってないのかな?と思ったのですが、中盤に掛けて徐々にテンションも上がっていき、
客席に飛び込みそのままかなりステージから先の客席中央付近まで運ばれそこでの仁王立ち!2バンド続けての客席乱入という、なんともビクターの懐の深さを感じました(笑)

ビクターロック祭り2019 8
こちらは飲食テントエリア。沢山の色々な種類の食べ物が販売されています。

ビクターロック祭り2019 9
いつも何をどれを食べようかと迷ってしまいます!

ビクターロック祭り2019 11
両方のステージ共に車椅子観覧スペースがあり、こちらはBARK STAGEの車椅子観覧エリア。

ビクターロック祭り2019 10
BARK STAGEの車椅子観覧エリアから見たステージはこんな感じです。モニターもありかなり見やすかったです。

ビクターロック祭り2019 12
こちらがROAR STAGE。車椅子観覧エリアはこの写真の左奥になります。写真は撮り忘れてしまったのですがとても見やすかったです。

キュウソ終わりにまずはトイレに行っておこうと思い、9~11ホールの多目的トイレを探したのですが見当たらず!いつもの多目的トイレのある場所はステージの裏側だったり、
2階のコンコース上にある多目的トイレも「関係者以外使用禁止」となっていて使えず….。もしかしたらスタッフの方に確認すれば使用出来るとか、他に近くにある所を
教えてくれるとかしたのかもしれませんが、何回か幕張メッセに来ている自分の知識だと9~11ホール内には使える多目的トイレは無いと思ったので、幕張メッセのメイン
会場にコンコース上の多目的トイレまで行く事に。確かに距離もありますし、時間も掛かるのですが、ウロウロしている時間がもったいないと思い移動開始。
無事に幕張メッセメインのコンコース上の多目的トイレを利用でき一安心。このメイン会場のコンコース上でも多目的トイレに並んでいたりするのですが、
まあ並んで待っていれば使用する事はできますからね。この日は計3回、幕張メッセメインコンコース上の多目的トイレを使用しました。今後9~11ホールで開催する際は、
どこか1か所でも良いので多目的トイレを使用可能にしておいてもらえると非常に助かるので、是非お願いしたいところです。

戻って来てお腹も空いたので飲食テントが並んでいる場所で「ホルモン丼」を食べ次に向かう事に!

ここからROAR STAGEで「Shiggy Jr.」、BARK STAGEで「Nulbarich」、ROAR STAGEで「どうぶつビスケッツ×PPPペンギンズ」「吉田凜音」と立て続けに見ました。
タイムテーブルの被りが無いので見ようと思えば全部見れるという有難いスケジュールになっているのですが、さすがにこの辺で一休み。

会場内には大きなスクリーンがあり現在行われているライブ映像が流れているので(音はしませんが)色々なブースを周りながらもライブの映像が楽しめるようになっています。
これはBARK STAGE、ROAR STAGE共に同じで、BARK STAGEでライブを行っている場合はROAR STAGEのスクリーンに、ROAR STAGEでライブを行っている場合はBARK STAGEのスクリーンに
ライブ映像が流れているので、ずっと同じステージに居たとしても隣のステージの映像は見れる事が出来ます。疲れて待っている間などには凄くいいですよね。

続いてROAR STAGEで「LOVE PSYCHEDELICO」。弾き語りのアコースティックバージョンで聞かせてくれました。やはり歌のうまさが半端ない!今度はワンマンとか見に行きたい。

次はBARK STAGEで「斉藤和義」。こちらもアコースティックバージョン、一人弾き語り。それにしても選曲が凄すぎた、もうベスト盤といった感じで「ずっと好きだった」
「歩いて帰ろう」「やさしくなりたい」「歌うたいのバラッド」などなど、ほんともう神セトリでした!

この辺までくるとさすがに疲れてきて、ROAR STAGEでの「AWESOME CITYCLUB」も見たかったのですが、BARK STAGEにそのまま残り音なしのスクリーンで見ることに。
そしてBARK STAGEで「サンボマスター」の登場!さすがの熱さ!!出てきた瞬間に熱い!!(笑)そして今まで若干大人し目のお客さんも凄い盛り上がり!
サンボマスターの熱量ですぐにその会場を掌握してしまう凄さに改めて感動。そして熱いだけじゃなく泣ける!!サンボ最高ですよ….。

サンボで残っていた体力を奪われ、そのままBARK STAGEに残りスクリーンで「THE BACK HORN」を見る事に。音はないのですが、めちゃくちゃ盛り上がっている雰囲気で
見とけば良かったな~と後悔。今後のフェス、夏フェスに向けて体力を着けなければと誓いました。

そしてBARK STAGEの最後は今年でソロ15周年を迎えた「KREVA」の登場。ステージでの風格、話す言葉の自信など、見ていてめちゃくちゃカッコいいです。
そしてお客さんを巻き込んでの歌、しかもちゃんと古参のファンの事、初めてKREVAを見る人の事をきちんとした言葉で話し盛り上げる。この辺もやっぱさすがだな~と。

最後の最後はROAR STAGEで「DJダイノジ」を半分ぐらい見つつ帰る事に。既に完全に体力がなくなってしまいました(笑)

久しぶりの丸1日のフェス。思ったよりも体力を使い疲れましたね。タイムテーブルが被らないって事で普段よりも沢山見よう!なんて思ったのも原因の1つかなと。
フェスは長いので自分の体力、疲れ具合なども考慮して無理なく楽しまなくてはいけませんね。

来年ももちろん出演アーティストで参加するか否かを決めたいと思いますが、この時期って同じ幕張メッセで「ツタロック」があったり「ライブホリック」が
あったりして結構フェスが被っているんですよね。まだ行った事の無いフェスも考慮しながら来年参加の有無を決めたいと思います!

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">