カテゴリー

VIVA LA ROCK 2018 @さいたまスーパーアリーナ 20180504

ゴールデンウィークの5月3日、4日、5日にさいたまスーパーアリーナで開催されたVIVA LA ROCK 2018に行って来ました。
VIVA LA ROCK自体は3日間の開催で、自分は後2日間に行って来ました。VIVA LA ROCKは今年で5周年を迎え、昨年は退院後間もなかったので
参加はしなかったので2年ぶりに参加。

いつも通りにチケット購入後、事前に車椅子での参加を主催者に連絡。後は当日を待つのみ。
駐車場はさいたまスーパーアリーナ地下駐車場を利用しました。その他多目的トイレなどはさいたまスーパーアリーナに完備されているので車椅子でも安心して参加出来ます。

VIVA LA ROCKはさいたまスーパーアリーナだけでなく、その周辺のけやき広場を全て使ってビバラキッチンと名したフードテント、
さいたまの名産フードテントなど多種多様なフードテントが出店されていて、その中にGARDEN STAGEというステージもあり、こちらはチケットがなくても
無料でライブを見る事ができます。なのでチケットがなくてもけやき広場を利用したフードエリアやGARDEN STAGEでのライブが楽しめます。これはなかりお得!

当日は駐車場の混雑もあると思ったので9時くらいには会場に到着。駐車場も問題なく利用できました。
今回は「このグッズが必ず欲しい!」というお目当てのグッズがなかったのでこのくらいに時間に到着しましたが、きっと欲しかったグッズがあれば
もう何時間か早めに来ないと相当な列に並ぶ事になっていたと思います。そのくらい、既にこの時間にはアーティストグッズテント前にはかなりの
行列が出来ていました。オフィシャルグッズは事前に通信販売や、購入手続きをし、そのグッズを会場受け取りにする事が出来るのでそれほど混雑は
していませんでした。ちなみに僕は事前購入手続きをし、当日会場受け取りにしましたが、とくに並ぶ事もなくグッズを受取る事が出来ました。
この事前通信販売や購入手続きをして当日会場受け取りのやり方はとても便利だと思いました。しかも指定上限金額の設定などもなく、ラババン1つからでも
購入可能という所がとても便利でした。

VIVALAROCK2018 1

という事で会場に到着しまずは事前購入で会場受け取りにしていたグッズを受け取った後、フードエリアで何か食べようかなと。
フードエリアもまだ早い時間帯だったのでそれほど待ち時間も短かったですが、その後フェスが進むにつれてどこも行列が出来ていました。
並んでいる間に見たいアーティストの出演時間が来てしまうフェスあるあるになりがちなので、この辺はうまく調整して行動しないといけませんね。

VIVALAROCK2018 2

こんな感じでけやき広場にもビバラの雰囲気が沢山あります。

VIVALAROCK2018 3

軽く食事をして入場ゲートに。事前に連絡していた事を入口スタッフの方に伝え、メインステージのあるアリーナ(1階)に案内してもらいました。
さいたまスーパーアリーナはけやき広場やメイン入場口がある場所を200レベル(2階)と呼び、そこからステージのあるアリーナ(1階)に下りる
といった感じになっています。一般の方は階段を利用して200レベルコンコースからアリーナに下りるのですが、車椅子利用者や怪我をされている方などは
スタッフの方に声を掛け、業務用エレベーターを使用させてもらえます。多目的トイレは200レベルコンコースに何ヵ所かあります。

まずはアリーナに下りてメインのSTAR STAGEに。アリーナにはSTAR STAGE、VIVA STAGE、CAVE STAGEの3つのステージに分かれており、メインがSTAR STAGE、次がVIVA STAGE、
次にCAVE STAGEとなっています。各ステージごとに車椅子観覧エリアが設けられており、その他200レベルにも車椅子観覧エリアが1ヵ所あります。
どこで見るかは自由ですので、混雑具合を見極めながら色々な場所で見たりするのが良いのかなと。

VIVALAROCK2018 4

Starステージをアリーナにある車椅子観覧スペースから見るとこんな感じです。かなり見やすいです。

ちなみに今回STAR STAGEは車椅子や怪我をされている方などが見るエリアとキッズエリアが別々になっていました。VIVA STAGEとCAVE STAGEは車椅子等を利用する方と
キッズエリアが同じエリアになっていて、出演アーティストによってはかなり混雑しそのエリアに入れない事が結構ありました。自分も何回かそのエリアが満員で
入れなく一般の方と同じエリアの横や後方などで見ることがありました。車椅子やキッズエリアは一段高くなっているので一般のお客さんが立ち上がった時にでも
ステージがちゃんと見える高さになっています。なので一般の方の場所で横からでも後方からでも見る事になるとほぼステージは見えなくなってしまいます。
ステージ横に大きなビジョンがあるのですが、それすらも見えない状態があります。なかなか難しい問題ですが、STAR STAGEは車椅子などの方とキッズエリアが
別々になっていた為あまり満員にならずに見ることが出来ました。VIVA STAGEとCAVE STAGEはほぼ毎回満員になっていて、なかなか後から行くとエリアに入れないと
いった感じだったので、スペースや諸問題などもあると思いますが、STAR STAGEと同様に車椅子とキッズエリアを別々にしてもらえると、どちらを利用する方も
気を使わずにライブを見れるんじゃないかなと思いました。やはり後から行くとそのエリアに上がれないし、先に上がっている方も上がれない方がいると申し訳
なさそうに気を使っている場面が何度もあったので。色々な事情がある方でも全ての方が楽しめてライブが見れる環境を作って頂けると助かります。

VIVALAROCK2018 5

Starステージのアリーナにある車椅子観覧エリアはこんな感じになっております。

VIVALAROCK2018 6

VIVAステージにある車椅子観覧エリアから見たステージです。こちらも見やすくなっています。

まずはSTAR STAGEでMy Hair is Badの登場。この日STAR STAGEのトップバッター。グッズもめちゃくちゃ並んでいて人気も凄いです。
まだワンマンを見たことがないのですが機会があればワンマンも是非見てみたい。メロディももちろんですが特に歌詞が自分的には気に入っているバンドです。
続いてはVIVA STAGEに移動してポルカドットスティングレイ。先日zeep diver cityでワンマンツアーファイナルを見てきたバンド。ワンマンとは違った
フェスでの攻め方で良かったです。ここでいったん200レベルに戻って200レベルにある車椅子観覧エリアからKEYTALKを。200レベルの車椅子観覧エリアは
スタンド席の後方にあるので、前列のスタンド席のお客さんが立ち上がるとちょっと見えにくいかもしれません。それでも全く見えないという事はなかったです。
200レベルの車椅子観覧エリアから見れるステージはSTAR STAGEのみですので要注意です!
次はまたアリーナに下がってSTAR STAGEにてVIVA LA J-ROCK ANTHEMS。このバンドはこの為だけに組んだバンド(亀田誠治、ピエール中野、スカパラ加藤、赤い公園津野)
がゲストボーカルを招いて歌ってもらうというコンセプトライブ。今までのVIVA LA ROCKでも毎年行われていたのですが、見るのは今回が初。
初めて見たのですがこれがもう最高に良かったです!何で今まで見なかったのだろうと後悔しました!(笑)今回はゲストボーカルとしてヤバTのこやまとしばた、ちょこっともりもと。
次にTHE ORAL CIGARETTESの山中拓也、次にBiSHのアイナ・ジ・エンド、次はKANA-BOONの谷口鮪、次にFLOWER FLOWERのyui、最後にCreepy Nuts!
これだけの面々が氣志團のOne Night Carnival、L’Arc~en~CielのHONEY、椎名林檎の本能、斉藤和義の歌うたいのバラッド、スピッツのチェリー&CHE.R.RY、
ザ・ハイロウズの日曜日よりの使者(登場順、曲順同じ)を歌うというなんとも豪華で他では見られないコラボが最高でした!
次はステージを移動してVIVA STAGEで9mm Parabellum Bullet。久しぶりの9mm、まだギターの滝が完全復活をしていないけど、サポートギターを含めた演奏、
久しぶりに9mmの爆音を浴びたな!って感じがしました。ここ最近また9mm熱が起きているのでワンマンライブにも行ってみたい。そしてまたまたSTAR STAGEに戻り
UVERworld。ここの所フェスに出ている時は必ず見ているウーバー、良かったです!そして次は活動休止後2年半ぶり復活のthe telephones!元々この4日は来るつもりがなく、
チケットも5日の分しか購入していませんでした。しかし4日にtelephonesが1日だけ復活するとの事で速攻で4日のチケットを購入しました。今日はほぼthe telephonesが
メインの1日、スタンディングエリアにもいつものthe telephonesのサッカーシャツを着たファンが沢山。皆待ちわびていたんだな~と。久しぶりに見るthe telephonesは
以前と変わらず楽しくて、もちろんDISCOも叫びまくり!4人それぞれ音楽活動しているのですが、やはりこの4人でのthe telephonesは最高だなと。今年は夏にUKFCのイベントで
ライブをするみたいですが、本格的復活はまだ先。それまでゆっくり待ちたいと思います。最後のトリはTHE ORAL CIGARETTES。ビバラのCAVE STAGEから徐々にステージを
ステップアップしていきついにSTAR STAGE2日目のトリにまでたどり着いた。勢いそのままのライブ、カッコ良かったです。

と4日はこんな感じで終了。フェスの感想等は次の5日のブログで書きたいと思います。

ポルカドットスティングレイ 2018 TOUR 全知全能 ポルフェス28 “♯全知全能ワンマン” 追加講演@Zepp Diver City 20180407

またまた少し前の事になってしまいましたが。。。。

先日2018年4月7日にZepp DiverCity で行われたポルカドットスティングレイのライブ
「ポルカドットスティングレイ 2018 TOUR 全知全能」の追加公演ファイナルに行って来ました。
ここ何年か行っていなかったZepp DiverCityにここ3週間で2回も来るとは(笑)

いつも通りチケットを購入し、発券後に主催者問い合わせ窓口に車椅子でライブに参加との事前連絡。
前回同様に開場時間10分前程度に入口付近に来てくださいとの事。

この日は土曜日だったので少し早めにライブ会場のあるお台場に着いてゆっくりしてからライブを見ようと思って早めに出発。
ライブは開場17時、開演18時となっていたので15時くらいにはお台場到着出来れば安心かなと。ライブに行く際は万一アクシデントが起こってもいいように
なるべく早めに行くように心掛けています。何もなかったら後は自分自身で暇を潰せばいい事ですしね。
目標通りの時間にお台場に到着したのは良かったのですが、車を停めようとしていた駐車場がイベントの為に使用出来ない!
2週間前のライブ時はそんなに長時間駐車しないのでDiverCityの駐車場を利用したのですが、今回は早めに来たのもあり長時間駐車するつもりで
時間精算ではなく1日1回で幾らという駐車場に停めようと思っていたので、このイベントを調べて来なかったのが失敗でした。
それでもお台場にはいくつも駐車場があり、その中には24時までで幾らと長時間駐車できるコインパーキングもあるのでその場所に移動。
事前にいくつか調べておいた駐車場の1つに車を停め、DiverCityに向かう事に。DiverCityからは少し離れた駐車場に停めたのですが
お台場は車椅子自走でも動きやすい歩道の広さや敷地内を通って行ける歩道などがあるのでそれほど自走は大変ではありませんでした。
早めの到着と事前に何ヵ所か調べておいた駐車場情報が役に立ちました。ちなみに車のイベントだったみたいで、広い駐車場を利用して
試乗走行などをしたりするイベントだったようです。

ポルカ20180407 1
フジテレビ湾岸スタジオ前にあるラフ君像を横目にDiverCityへ向かう。

Zepp DiverCity Tokyoに到着し、まずはグッズ販売へ。Zepp DiverCity Tokyoはライブ会場入口がDiverCity2階にあり、
そこから階段を下りて1階にライブ会場があるといった作りになっていて、今回は1階でグッズ販売を行っていました。一般の方は階段を下りて
グッズ売り場に向かうのですが、階段を利用できない僕のような車椅子使用の人はスタッフの方に声を掛けてエレベーターを使用させてもらい
1階グッズ売り場に下りるといった感じになります。開場時のライブ会場に行く際も同じ方法で1階に下ります。
無事に欲しいグッズも手に入れ、まだ開場まで時間があるのでDiverCity内をぶらぶら。でも駐車場などイレギュラーな事が起こったので
そんなに時間的に余裕はなく、暇を潰す事もなかったです(笑)

ポルカ20180407 2
ついついその日のライブの告知や看板、黒板などを写真に収めるというライブあるある(笑)

ライブ前にはいつもトイレに行ったりするのですが、もちろんDiverCity内に多目的トイレもあります。
しかし、商業施設という事と、その日のライブのお客さんが沢山居るという事が重なるとなかなかトイレが空く事がなかったり、
長い列に並ばないといけなかったりします。今回もライブ会場入口から一番近いトイレ、多目的トイレは凄く混雑していました。
なので自分はライブ会場入口から一番近い出入り口から外に出ると目の前に大きな広場があるのですが、そこにある公衆トイレを使用したりしています。。
ここだと中ほど混雑もなく、多目的トイレが使用中でも少し待てば利用できるくらいの混雑具合です。(その都度混雑具合は変わりますが)
移動が少し面倒かもしれませんがライブ開場前などの必ずトイレに行っておきたいと思う方は比較的使いやすいかと思います。

ポルカ20180407 3
すぐ近くにzepp tokyoもあるので間違えやすいですよね。

無事にトイレも済まし、開場時間の10分前にライブ開場入口、先ほど使用したエレベーター前に。既に一般のお客さん達は列を作って
階段前に並んでいるといった感じです。今回も前回と同様に入場は先に入って、退場は後の方でという方法でした。
エレベーターで1階に下り、スタッフの方の誘導でライブ会場内の車椅子観覧エリアに。ここでいつもと違う事が。
何回かライブに来た時にZepp DiverCity Tokyoでは、ステージを前にして左後方に車椅子観覧エリアが設けられている事がほとんどでした。
そこに1段高い台が設置されていてその上にスタッフの方に車椅子ごと上げてもらいライブを見るといった感じでした。しかし、今回はステージを前にして
最前列左が車椅子観覧エリアとして用意されていました。一般のお客さんとは柵で区切ってあるので安心ですが、高さは同じなのと(台はない)最前列左という事で
ステージは角度が有り過ぎてやや見えにくいといった感じでした。が、それでも全く見えないといった感じではなかったです。
ライブ自体は十分に楽しむ事が出来ました。以前Zepp Tokyoでライブを見た時も同じような場所だったと思います。色々とその都度車椅子観覧エリアの場所が
違うのは主催者によって決められた場所があるのかもしれませんね。

ライブ自体はファイナルに相応しく、新曲が披露されたり、曲数がこのツアーで最大数だったりと盛り上がりました。
ポルカはフェスでは見たことがあったのですがワンマンライブは初。自分が思っていた以上に演奏が上手くてびっくりしました。
もちろん素人目線で素人意見なんですが、今回車椅子観覧エリアが最前列左だったという事もありベースが良く見えかなり意識して見ていたのですが
とても演奏が安定していて、ドラムとのリズム隊が安定しているな~と感じました。こうゆう見方も最善列左ならではで面白かったです。

ライブ始まりは18時、終わったのが20時ちょっと過ぎくらい。前回の時は終わったのが22時半くらいだったので随分早い時間に終わったなと(笑)
(前回は開始時間も1時間遅いし、オープニングアクト含め3バンド出演していたので当たり前なんですが(笑))
前回は終わった時点でDiverCityの商業施設が閉店していて駐車場から来た通路が通れなくなって駐車場に行くのに迷うという事が起こったのですが(笑)

すぐ横にあるDiverCityのフードコートもまだ営業している時間内だったので、そこで友達と夕食を食べてから帰りました。
このくらいの時間に終わると夕食も食べれて余裕を持って帰れるので有り難いですね(笑)

そこから車椅子自走で車を停めてある駐車場まで行き撤収。ちなみに駐車場まではDiverCityから車椅子自走で15分弱程度の場所です。
1人で黙々と車椅子をこいでいるので通常よりは時間が早く到着していると思います(笑)

ポルカ20180407 4
ライブ終了後、表に出てみるとガンダムもライトアップ。

ポルカ20180407 5
真ん中に小さく映っている東京タワー。とても見にくいですが(笑)
駐車場や車椅子観覧エリアなど色々と予想していた事と違った事が起こった今回のライブでしたが、特に問題なく楽しめました。
駐車場などはやはりこのようなイレギュラーで使用不可などもあるので目的地では幾つかの駐車場を事前に調べておいた方が安心だと思いますね。
それでも使える駐車場がこの1ヵ所しかない!って場所もあるので結構不安な時もあるんですけどね~。

GWに平日を使って色々と・・・

今年のゴールデンウィークも残すところ本日1日のみ!!!休みの日の1日1日はほんと早いですね。
今年は中平日2日間を有休休暇を取得したので9連休でした。その平日を利用して普段出来なかった細かな自分の用事を済ませようと
色々と動き回ってきました。1つ1つはそれほど大した用事ではないのですが、それがいくつか合わさると結構移動なども含め時間が掛かってしまう
もんなんですよね。

まずは1日目、最初は会社に履いて行っているスラックスを買いに紳士服屋さんに。毎日履いているので結構痛みが早く、半年に1回くらいのペースで買いに行っています。
こちらでスラックスを選んで裾上げを依頼。約1週間後に出来上がるとの事なのでまたその時に取りに来るという事で。色々と見て回っているうちにスーツもそろそろ新調しなければなと。。。

次は車椅子乗車時に足が開いてしまうので布製のバンドで縛っているのですが(マジックテープ付の)、そのマジックテープが弱くなってきたので
裁縫屋さんにそのバンド作製を依頼しに。縛る布製のバンドとマジックテープは持ち込みで、縫い合わせをしてもらっています。結構布製のバンドが厚いので手縫いではなかなかできないので
いつも作製を依頼しています。こちらも1週間後くらいに出来上がるとの事なのでまたその時に取りに来る事に。

スタバ休憩
ここでいったんスタバ休憩。この日は暑かったので久しぶりのアイスコーヒー。お昼ご飯もまだだったので軽くですがパンも。
クリームチーズ?と生ハムのサンド。温めてもらって美味しかったです!

そしてここから今度は電気屋さんに。昨年10月に実家の小さいTVが壊れた時に自分のベッドサイドに置いてある小さなTVをあげてしまい、そこから今まで
ベッドサイドにはTVがない生活をしていました。リビングにはメインのTVはあるのですが、ベッドに横になりながら見るTVが約半年間なかったので。
以外とTVがベッドサイドになくても生活不便じゃないな~と思っているのですが、来月サッカーワールドカップが開催され、日本時間で放送時間を確認すると結構PM9時以降
とかの時間が多くて、これはベッドサイドのTVを購入しないとサッカーの試合が見れないかもしれないという理由からです(笑)

TV 電気シェーバー購入
電気屋さんに行って無事にTVを購入。もっと小さなTVが良かったのですが、最近はあまり小さなTVの種類が少ないそうで。
後、結構前から使用している電気シェーバーの切れが悪くなってきたのでついでに電気シェーバーも新しい物を購入。

メガネも購入
2日目は、来月に免許更新があり、今かけているメガネだとちょっと度が合っていない部分もあるので、これで視力検査に引っかかってしまっては
免許更新もできなくなるのでメガネ屋さんに行ってメガネも新しく作ることに。今使っているフレームとあまり変わりない感じになってしまった。。。
自分で選ぶと好みがあるのでついつい同じような色や形になってしまいますよね。

その後役所に色々と申請をしに行ったり、行きたかった本屋に行き少し本を何冊か購入。明後日からのライブのチケットを発券して、
結局まだ発券忘れのチケットが4枚もあったのでこちらも慌てて発券。もっと2日間もあるので余裕に動けるかなと思っていたのですが、
結構バタバタの2日間でした。でもとりあえずは最低限やりたかった事を終わらせる事ができたので良かった。

【ANKER】モバイルバッテリー&ライトニングケーブル

現在使用中のiphoneも着々と古くなってきており、バッテリーの減りが早くなってきました。
普段は車での移動が多いので車内シガーソケットから充電をしているのですが、移動後の出先で
結構な時間を過ごすとかなりバッテリーを消費。色々と操作などをすれば尚更消費。

移動の時とかに余計な物を持ちたくはないのですが、こればっかりは仕方がないと思って
モバイルバッテリーを購入する事に。色々とネットで調べた結果、こちらを購入してみました。

ANKER モバイルバッテリー&ケーブル21

Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 マット仕上げ (ブラック)

こんなに容量いるのか?とは思ったのですが、もう少し容量の小さなものでもさほど価格が変わらなかったので。
でも、届いてみるとちょっと重く、大きかったかなと若干の後悔。。。でもそれも大容量の上と考えれば納得ですね。

一緒にライトニングケーブルも購入。ケーブルはこちらを購入してみました。

ANKER モバイルバッテリー&ケーブル2

Anker プレミアムライトニングUSBケーブル 【iPhone X / 8/ 8 Plus 対応 / Apple認証】コンパクト端子 ( ホワイト0.9m )

上のモバイルバッテリーを探している時に一緒に見つけたので、特にこれぞと言って選らんだ訳ではないのですが、
とりあえずApple認証が付いているので安心かなと。

大容量の為、充電時間はかなり長めなので(フルだと8時間~10時間程度 ※ネット調べ)、使用の際には
忘れずに前日などから充電しておこうと思います。

JFL presents FOR THE NEXT supported by 日本セーフティー MAN WITH A MISSION/BRADIO OPアクト:Drive Boy

少し前になりますが、2018年3月23日、お台場にあるZEPP Diver City TOKYOで開催された「JFL presents FOR THE NEXT supported by 日本セーフティー」
のライブに行って来ました。このライブは「J-WAVEが加盟するFMラジオ・ネットワーク「JFL」の「NEXT GENERATION」をテーマにしたラジオキャンペーン」と
なっていて、キャンペーンのテーマソングを担当するMAN WITH A MISSIONがメインアクトとなり、対バン形式で行われるライブとなっています。

なかなか最近のMAN WITH A MISSIONのライブは大きな会場でもチケットが取りにくくなっているのでこの当選はかなり嬉しかったです!
しかも対バン相手がZEPP Diver City tokyoではBRADIOという事もあり自分的には相当楽しみにしていました。BRADIOは年末のCOUNTDOWN JAPAN 17/18で見て、
めちゃくちゃ楽しかったので「またライブを見てみたい」と思っていたのでこんなに早く実現するとは。

Zepp DiverCtiy Tokyo@20180323 1

いつも通りチケットを購入し、チケット発券後に主催者に車椅子でのライブ参加の事前連絡。
「開場10分前に会場入口に来てください」との事。ライブハウスなどの場合は入場時に混雑するので、入場する際は一番先に、退場する際は一番後にと
いった方法がよくあります。今回も同様でした。ZEPP Diver City tokyoはライブ会場が地下1階みたいな感じになっており、一般の方は階段で、
車椅子などを利用している場合はエレベーターを使用させてくれます。こちらもスタッフの方の案内のもとでの移動となります。

ZEPP Diver City tokyoは何年か前にbacknumberのライブを見に来て以来の2回目。かなり久しぶりだったのですが、前回見た時と同じように
ステージを正面に見て左側後方に一段高い台が用意されていてその上に乗ってライブを見るという形になります。台の上にはスタッフの方が
車椅子ごと抱えて乗せてくれます。車椅子ではないが足の悪い方(杖等使用している方)などは同じスペースで台の無い場所に椅子が用意されていました。
今回車椅子使用者は自分一人で、杖を使用している方が二人いらっしゃいました。二人の方には椅子が用意され、立って見たり座って見たりされていました。
オールスタンディングのライブなのでどうしても一段高い台に乗らないとステージが見えなくなってしまうので事前連絡をして必ずこのような台を
用意して頂く事が必須だと思います。台の上からであればステージの見にくさもほぼほぼ大丈夫でした。

Zepp DiverCtiy Tokyo@20180323 2

開場前にグッズ販売も行われていて、その場所も地下1階的な場所になっており、一般の方は階段で行く事が出来ます。
その場合は近くのスタッフの方に声を掛けてエレベーターを使用させてもらい地下1階まで下りる事が出来ました。
地下1階のスペースはそれほど広くないので混雑時などはちょっと車椅子では動くのに厳しいかもしれません。できれば少し混雑が緩和された時間帯で
買いにくのが良いかと思います。とは言っても売り切れなどになってしまうグッズがあったりするとグッズ販売直後の時間帯で買いに行きたいですよね(汗)
今回は混雑時が緩和されてからグッズを買いに行ったのですが(ほぼガラガラ)売り切れグッズもなくお目当てのグッズを無事購入する事が出来ました!

ライブはまずオープニングアクトとして「Drive Boy」が登場。短い時間でしたがなかなか良かったかなと思いました。今後フェスなどでも出てきそうな雰囲気もありましたね。

そして続くゲストバンドとして「BRADIO」が登場。今回は大掛かりな10人編成!とてもファンクな雰囲気を溢れさせていました。
圧倒的にMAN WITH A MISSIONのファンが多かったのですが、BRADIOのパワーと楽しさ、そしてライブの雰囲気を盛り上げる力で次第に会場全体が
盛り上がっていくのが後方から見ていると凄く分かりました。一緒に踊れる振付なステップなど楽しく参加できる要素もありめちゃくちゃ楽しかったです。
現在も色々なフェスや対バンなどに呼ばれていて今後かなり重要なバンドになっていくんじゃないかなと勝手に思っております(笑)今度はワンマンを見てみたい。

いよいよMAN WITH A MISSIONの登場!このツアーではドラムの「スペア・リブ」が体調を崩していくつかの講演を欠席していたのですが、
少し前から復帰して完全体のMAN WITH A MISSIONの形で登場。このツアーのテーマソング「Frik it!」も含め代表曲を連発。会場ももの凄い盛り上がりでした。
自分的にもこれくらいのサイズのライブハウスでMAN WITH A MISSIONを見るのは久しぶりなのでかなり見やすかったですし、ステージを近く感じられて
楽しかったです!

ライブが終了しスタッフの方に台から下して頂き、会場外に(先ほどグッズを販売していたスペース)。
会場から出てきたお客さんでごった返しておりました(笑)なのでしばらく人が引くまではスペースの端で待って、かなり空いてからエレベーターを
利用してダイバーシティ1階に戻りました。退場時は時間的にも余裕を持って少し人が引いてから行動した方が安全ですし動きやすいと思います。
退場時のスペースにはMAN WITH A MISSIOやBRADIOなどのグッズ販売も行われていたので、人が引くまで時間もあるのでグッズを見たり買ったりしていました(笑)

ダイバーシティ1階に戻り「さあ帰ろう」と思い来る時に使用したエレベーターに行こうと思ったら、時間的に商業施設側が閉店して閉まっており通れない。。
今回はダイバーシティの駐車場に車を停めたのでダイバーシティのエレベーターを使わないと駐車場に行けない。。。でも事前に調べてきて駐車場は
24時間営業なので必ずどこかから行ける通路、エレベーターがあるはず。そこから約30分程度駐車場に行ける通路やエレベーターを探してウロウロ。
ほとんどの方が駅に向かって歩いていて駐車場に行く方はあまり居なく、途中で歩いている方に聞いたりしたのですがわからず。
若干焦りながらも「24時間営業なんだから大丈夫ははず!」を拠り所に(笑)動き周る事に。そうするとZEPP Diver City tokyo側の建物入口を外に出て
右側、結構長いスロープになっている坂を登り切った所に開いてそうな入口が。さっそくその入口に行きダイバーシティ内に(ここは3階という感じになる)。
建物内を進んで行きエレベーターを発見!そのエレベーターは2階(ZEPP Diver City tokyoがある階)までしか下がらないエレベーターだったので、
2階でエレベーターを下り、2階内でようやく来た時に使用した1階まで下りれるエレベーターを発見!無事に車の停めてある駐車場に下りる事が出来ました。
いや~、行けないはずがないとは思っていましたが結構焦りましたね(汗)これだけ迷ったおかげで次回からは大丈夫な気がします(笑)

Zepp DiverCtiy Tokyo@20180323 3

久しぶりのMAN WITH A MISSIOのライブ、そして見たかったBRADIOのライブ。場所も久しぶりのZEPP Diver City tokyo、満喫しました!
ただ開催日が金曜日だったので会社終わりのライブ、なかなか疲れましたね(笑)体力が残ってません(笑)