カテゴリー

COUNT DOWN JAPAN 17/18@幕張メッセ 20171229

昨年に行ったライブをコツコツとまとめて書いております。こちらも昨年12月に行われたライブです。

今年も年末は幕張メッセで開催されたCOUNTDOWN JAPAN 17/18(以下CDJ17/18)に参加して来ました。
開催期間は12月28日~31日の4日間。自分が参加するのは12月29日~31日の3日間です。
もちろん全日参加したかったのですが、今年は仕事納めが28日だったので残りの3日間となりました。
ここ何年かは毎年CDJに参加していて、この時期幕張に来るといよいよ年末だなという気持ちになります。
年末にCDJに参加する為に12月に入ってから大掃除やお正月の準備なども全て終えているので、とっくに年末気分だったんですけどねw

CDJの場合はもう出演するアーティストどうのこうのという感じで選んでいるのではなく「CDJだから行く!」といった
感じになっているのでかなり早い段階でチケットを申し込み確保していました、今回は2次先行くらいで申し込みを行いました。
CDJは人気のフェスなので出演アーティストが発表されたり日割りが発表されたり、タイムテーブルが発表されるたびに
チケットの申し込みが増えていくので申し込むのが遅くなるにつれチケット当選も難しくなってきてしまいます。
なのでもう「行く!」と決まっている段階で早めに申し込みしました。

CDJは幕張メッセ全体を使用した巨大なフェスなのですが、車椅子で動く見るなどほとんど問題ありません。
ですが昨年までは一応車椅子での参加を事前連絡していたのですが、昨年連絡時に特別な連絡事項がなければ事前連絡は
必要御座いませんとの事だったので今回はあえて事前連絡をしませんでした。結果としては何の問題もなく快適に過ごす事が出来ました。
このように事前連絡もせず、ある意味一般の方と同じような手順のみでフェスに参加できるってとっても嬉しく感じました。

ですのでチケット到着後は事前連絡もせずに。
幕張メッセには車で向かい、幕張メッセ駐車場に車を停めて会場に。駐車場では警備員の方が車を誘導していますが、
その際に車椅子等を利用していると伝えると身障者用駐車スペースに誘導してくれます。幕張メッセ駐車場の身障者駐車スペースは
かなりの台数が停められますが、万が一満車になった場合も考えていつも早めに行く事にしています。

幕張メッセ内は車椅子で移動するには全くと言っていいほど問題はありません。
会場内には多目的トイレもありますし、会場に上り下りするエレベーターも使用できます。
各ステージには車椅子使用の方や妊婦の方、小さなお子さん、スタンディングでは見ることが難しい方などが
見れるスペースもありますので安心して参加する事が出来ます。分からない事などがあった場合はスタッフの方や
インフォメーション等で確認出来ます。

CDJ参加時にはなんとなくですが「今年は○○目標!」みたいな事をざっくり決めています。
例えば「見た事のないアーティストを見る!」など。で、今年の目標は「色々と食べる!」ww
CDJ会場内には沢山のお店が出店しています。いつもあれもこれも食べたいと思っているのに結局終わってみると1日1食くらいしか
食べてなくて、後はコンビニで買ったパンやおにぎりなどをライブとライブの短い合間に食べたりするくらいで。
なので今年は色々と食べる事にも重点を置いて楽しみたいと目標を立てました。CDJ会場内にはほんと色々なブースがあり、
それを巡るだけでもかなり楽しめるんですよね~、でもやっぱり一番重点を置いているライブが優先になるので時間がなくて
行けなかったりと。この辺の楽しみ方がもっと上手くできればな~と毎年反省点ですw

こうやってCDJ前に友達同士と今年はこれを絶対に見る!とかこれは絶対食べたいね!とか、タイムテーブル見ながら
あでーもない、こーでもないって言っている時間が至福の時間ですww

ここからは写真を沢山撮ってきたので、写真を中心に書いていきたいと思います。

CDJ1718 20171229 1
CDJの幕張メッセ内には沢山の写真スポットがあります。まずは幕張の駅方面から歩いてくると見える幕張メッセ入り口に
飾られたしめ縄と角松!なんとも年末のフェスらしい飾りつけですね!

CDJ1718 20171229 2
その入り口を入ると見えるCDJ17/18の看板!毎年この写真を撮ってしまうw 見慣れた光景ですがついつい。

CDJ1718 20171229 3
こちらも駅方面から?歩いてくる道筋にある写真スポット。この横の建物内がクロークとグッズ売り場となっております。

CDJ1718 20171229 4
こちらがその建物内。リストバンド交換ゲートを入るとクロークとグッズ販売テントがずらーっと並んでおります。
相変わらずのクロークの広さとグッズ販売の広さ。この広さで余裕で1つフェスができちゃうくらいですからね。

CDJ1718 20171229 5
こちらは一番大きなステージの「EARTH STAGE」。今年から後ろの仕切りがなくなりかなり広くなりました。
このおかげで入場規制がなくなったとか。床には破損防止?!のため一段高く板が敷かれていました。この段差は車椅子でも
特別問題なかったですが、少し前のキャスターが引っかかってしまう場合もあるので注意した方が良いかもしれません。

CDJ1718 20171229 6
「EARTH STAGE」の後ろにはいつもの地球モニュメント。そしてフード販売のテントが並んでいます。
なのですごーく遠くでも見れればいいやという人はこのフードテントくらいから見ることも可能です。

CDJ1718 20171229 7
こちらは「COSMO STAGE」にある車椅子観覧スペースから見たステージです。ほぼ真正面ですのでとても見やすかったです。

CDJ1718 20171229 8
こちらは「ASTRO ARENA」の車椅子観覧スペースからみたステージです。
ASTROは車椅子観覧スペースが2か所あり、このスペースの丁度対面にもう1つ同じ観覧スペースがあります。

CDJ1718 20171229 9
こちらは2番目に大きな「GALAXY STAGE」の車椅子観覧エリアから見たステージです。

CDJ1718 20171229 10
毎年恒例のガチャガチャコーナーも正面入り口付近にありました。毎年1日1回と決めてガチャを引いているのですが、
当たったことはありません。。。。ちなみに当たりが出るとCDJのタオルが貰えます!
今年も3回引きましたが残念な結果でしたw

CDJ1718 20171229 11
こちらも正面入り口を入って目の前にある電光掲示板。お正月までのタイムが表示されたり、メッセージが表示されたり
このようなCDJの文字が表示されたりと、こちらも写真スポットになっておりました。

CDJ1718 20171229 12
こちらはEARTH STAGEのフードテントを上から撮った写真です。
今年から後ろの仕切りがなくなった分、ライブ終わりの退場時にあまり混雑しなくなった感じがしました。

CDJ1718 20171229 13
こちらは「MOON STAGE」の車椅子観覧エリアからみたステージです。
こちらもほぼ真正面にステージが見れるのでとても見やすかったです。

CDJ1718 20171229 14
そしてこちらが「EARTH STAGE」の車椅子観覧エリアから見たステージです。
こちらもかなり見やすい位置にあるのでとても助かります。しかも今年からは車椅子の人はこの場所、歩ける方で足の悪い方や
妊婦さんなど椅子を使う方のこの場所と車椅子観覧エリア内でも決まっていたので、とても効率良くスペースが使われていて見やすかったですね。

今日29日に見たアーティストは、「ポルカドットスティングレイ」「BRADIO」「Awesome City Club」「Fear,and Loathing in Las Vegas」
「竹原ピストル」「Shiggy Jr.」「10-FEET」。チラ見レベルは「東京スカパラダイスオーケストラ」「マキシマムザホルモン」。
ステージ別で考えるとEARTH STAGEが1回、GALAXY STAGEが1回、COSMO STAGEが1回、MOON STAGEが1回、ASTRO ARENAが3回といった感じでした。
全体的にライブを見た本数は少ないですね。その分目標としていた食事や色々なブースを見る事も出来ました。まずまずの初日だったと
自分としては納得!一番見たいと思っていた「ポルカドットスティングレイ」カッコよかったです。ですがこの日の自分的ベストアクトは
「BRADIO」でした。ノリの良い曲も聞かせる曲も凄く良くてCD購入しようと思っております。ワンマンにも行ってみたい。でもみんな
良かったんですけどね~竹原ピストルも凄い良かったし、ベガスもテンフィーも。。。。言いだしたらキリがないですがww

CDJは4日間開催する長いフェスなので28日、29日、30日は終演時間が20時30分と早めに設定されているので撤収も素早く。
また明日元気に参加する為に帰宅し、しっかりと寝て体力回復させて準備万端で幕張に来たいと思います!

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">