カテゴリー

氣志團万博2017~房総与太郎爆音マシマシロックンロールチョモランマ~@千葉県・袖ケ浦海浜公園 20170917

先日2017年9月17日(日)に千葉県の袖ケ浦海浜公園で開催された氣志團主催のフェス
「氣志團万博2017~房総与太郎爆音マシマシロックンロールチョモランマ~」に行ってきました!
今年は前半に入院をした事もあり、夏フェスは全てスルーしたので、今年初のフェスにして、今年最後の野外フェスとなりました。
氣志團万博は袖ヶ浦海浜公園で開催されてからはほぼ毎年参戦しているフェスで、通常のフェスに比べ多種多様なジャンルから
集まってきた出演者が見どころの1つです。毎年すごく楽しみにしているフェスの1つです。

氣志團万博のサイトをチェックし、車椅子で来場される方は事前にこちらへと連絡先が明記されていたので、チケット購入前に電話連絡。
どのようにしてチケットを購入すればよいか等指示を頂き、その指示通りにチケットを購入。その際にどのような形で来場されるか等を聞かれ
車での場合はこのように、その他の場合はこのようになど説明をしてもらいました。僕の場合は車で来場したいとの事を伝え、臨時の駐車場を
用意してくれるとの事や、駐車場料金はその場で支払いを行えるなど、通常とは違ったスキームだったので色々と対応してもらい助かりました。
昨年もそうだったのですが、氣志團万博は車椅子で来場する際には非常にケアをしてくれすフェスの1つなので、とても行きやすいので助かっています。
事前連絡などを整え、あとは当日を待つのみ!!

そして当日は台風の影響をばっちり受けての雨風の中、なんとか中止にならずに開催。
雨の中だったので少し早めに会場に到着。何日も前からこの日は雨との予報が出ていたので雨対策はしてきたのですが、
さすがにカッパを着たままで色々と動くのは動きにくかったですね~。でもそれも含めての野外フェスの楽しみ方という事で雨風に吹かれながらも
とことん楽しんできました!

氣志團万博2017 1

こちらは一番大きなステージとなる「YASSAI STAGE」。車椅子観覧エリアからみたステージになります。
車椅子観覧エリアはテントとなっていたので雨をしのげて本当に助かりました。ほぼ毎年同じ場所に観覧スペースが
設けられているのですが、結構見やすいと思います。

氣志團万博2017 2
こちらがもう1つのステージの「MOSSAI STAGE」。車椅子観覧エリアからみたステージです。
こちらにはテントは無い為雨の濡れながらの観覧となります。もう一段高い場所から見る観覧エリアもあったのですが
そこは上り下りの際にかなり滑りそうだったので今回はそこの1段下の場所から見ました。それでもかなり見えましたよ。

今回見たのは、オープニングアクトのレイザーラモンRG扮する「こぶしたかし」。その後とてもTVでは放送できないような下ネタを
ブっ混んできた、毎年トップバッターの切り込み隊長「ゴールデンボンバー」。その後に「SCANDAL」、
その後、なんだかんだ出ているフェスには行くもののなかなか見れてなかった「KICK THE CAN CREW」。まじでかっこいい!!
それから遠目で「WANIMA」を聞きながらこの時間帯で食事。雨に降られながら食べ物に雨が入りながらもお腹が空いていたので
がっつり頬張りました。そして主催者の「氣志團」
今回氣志團は結構初期の頃の楽曲をやってくれて嬉しかったな~、休学中のゆっきーもサプライズゲストで登場してくれたし!
「C&K」を見つつ、そのままのながれで「BLUE ENCOUNT」。雨の中でのもっと光を!は最高だった。
そして「岡村靖幸」、キレキレの岡村ちゃんダンスを見た後に「山下達郎」降臨!!いきなりの「ハイティーンブギ」!いっきにテンション上がりましたね!
その後は惜しみなくヒット曲を連発、「硝子の少年」なども披露してくれ、なんとコーラスには奥さんの竹内まりやまで!なんと豪華な。
そしてラストの曲には「さよなら夏の日」を。もう感動しまくりました。この時点でかなり雨にも濡れ、体力的にも結構きついかなと思ったので今年はここで撤収しました。

やはり雨だと芝生もぬかるみ、車椅子での移動は結構厳しかったですね。もっと色々なブースもまわりたかったのですが、
なかなか行けない具合になっていたり、その辺はちょっと残念でしたが、またこの雨風の中でのフェスを経験できた事で、経験値は上がったはず!
この経験をまた雨降りになったフェスなどの時に生かしていきたいと思います。

もちろん来年もまた来たい氣志團万博!そして来年は快晴の元でまた見たい!!

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">